しっくん

しっくん

s-suisseDSCF9751_TP_V.jpg

人の弱さを攻撃する人は、きっと正義感が強くて
清く正しく、強い人なんだと思っていた。
だけど、違うような気がしてきた。

人の弱さを攻撃する人は
もしかしたら、自分の弱さを認められない人なのかもしれない。

自分の弱さを知りながら目をそらし
それを認めることができずに逃げてしまって
向き合い、解決するために自分の弱さを認めて戦うことができない人。
自分の正しくなさを棚に上げて、人を攻撃している。
そうすることで自分が正しいかのような顔をしている。
なんだかふと、そう思ってしまった。

弱さの種類はたくさんある。
逃げる先も、それぞれ。
寝て忘れようとしたり、人の言葉や思いを拒否してはねのけたり
男に逃げたり女に逃げたり、酒に逃げたりタバコに逃げたり。
だけど同じように逃げている人のことは攻撃する。

それは、人の弱さも許せとか人には何も言うなということではない。
きっと問題は、人じゃないんだよ。
きちんと自分と向き合って、自分の弱さも強さも認めないから
いつまでも逃げたりごまかしたりしなくちゃいけない。
人を責める言葉で気持ちよくならない、すっきりしないのは
結局は人を責める言葉で、意図せずに自分自身を責めているからなんだと思う。

人の弱さを責めるよりも、まずは自分の弱さを知ろう。
受け止め、そして許そう。
人は弱いものだ。
弱さを知らぬものが、強さなど理解できるわけがない。
僕はそう思う。

苦しくない生き方をすればいいんだよ。
言い訳して逃げて、苦しくない人がどこにいるだろうか。
自分をごまかすのをやめればいい。
そういう勇気を持てばいい。
そこからだと思う。

関連記事



ランキングに参加しています
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ



日々刺激Twitter
ブログ更新をお知らせ
日々刺激twitter


Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply